SSブログ
2022年04月| 2022年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

Petersen and Bengtsson perform Ave Maria by Durante in S:ta Anna Helsingborg in 2010 [聖歌・讃美歌等]



フランチェスコ・ドゥランテ


18世紀イタリア。
これはカッコイイですね。
素晴らしいですが、置いておきましょう。




3
nice!(0)  コメント(0) 

Vincze Lilla - Ave Maria (Wolf Péter) [聖歌・讃美歌等]



Peter Wolf


オーストリアの作曲家。
天気の良い日に散歩中のマリア様なのでしょう。





3
nice!(0)  コメント(0) 

Kölner Kantorei - Ave Maria (Max Baumann) [聖歌・讃美歌等]




マックス・バウマン

20世紀ドイツの作曲家。
ドイツらしいのか分かりませんが重厚な曲で、
鋼のマリア様なのやもしれません。




3
nice!(0)  コメント(0) 

Ave María - Sigvaldi Kaldalóns [聖歌・讃美歌等]



Sigvaldi Kaldalóns


Ave-Maria-lyrics


20世紀アイスランドの第一人者だったようだ。
力強く美しい。素晴らしい。




2
nice!(0)  コメント(0) 

「誰の支配か?」ルカ4章5節から8節 [雲の柱・火の柱]

(2022日)


「自分探し」なる探検をしていた時期がありましたが、
この言葉はダメですね。
神抜きの自分らしさを求めるのは罪の中をさ迷うだけなのでしょう。





----memo


サタンは美しい

自分らしく が、


nice!(0)  コメント(0) 

Marcel Dupré : Ave Maria, Op. 9: 2 [聖歌・讃美歌等]



マルセル・デュプレ

20世紀フランス作曲家。
音楽の教育者として多くの弟子をもったようだ。



5
nice!(0)  コメント(0) 

Dale: Materna Requiem - 7. Ave Maria [聖歌・讃美歌等]




Rebecca Dale


イギリスの現代作曲家。
現代最先端のAve Maria でした。
神の母や慈愛の母というよりは地球の母のような空間の拡がりを感じますね。








nice!(0)  コメント(0) 

Taipei Ladies Choir sings Ave Maria by Andriessen [聖歌・讃美歌等]



Willem Andriessen


ナチスに占領下で1年間投獄される。
この曲は1954年のようだ。



5
nice!(0)  コメント(0) 

Marion Ammann AveMaria Caesar Franck [聖歌・讃美歌等]


セザール・フランク

ベルギー出身、19世紀フランス作曲家
二重唱版と三重唱版があり今回は後者なのでしょう。





4
nice!(0)  コメント(0) 

Ave Maria - Jacob Arcadelt [聖歌・讃美歌等]




ジャック・アルカデルト


後世の者が勝手に改変して「アヴェ・マリア」とした曲だそうだ。
元は恋の曲だというのに4大アヴェマリアとなるのも、
キリスト教界のジョークのようなものなのか、
あるいは、聖なる目的のためには手段は問わないという神様のメッセージなのやもしれません。




10
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2022年04月|2022年05月 |- ブログトップ