So-net無料ブログ作成
Ecclesia Catholica ブログトップ
前の10件 | -

自分を深く知るために(20) - 自分の時を待つ [Ecclesia Catholica]

(2019)

私は胡坐で背筋を伸ばして呼吸してみました。
いつもと違い深い感覚で時を過ごしました。

自分の時を待つ、というのが深いですね。

私は七五三で、恐らく5歳でのお宮参りのことを覚えていますが、
片道20分位歩くので嫌だったのですが、儀式が済み、
父に「本当は神様なんかいないが、昔からあることだから、行くだけ」
と大人の本音を言われ、それが無神論者となったきっかけなのでしょう。

成長する過程で、親戚や家族の死を経験し、「南無妙法蓮華経」とお経を日課とするようになり、神社参拝も習慣となる。
そして、キリスト教への改宗となった。

七五三の原体験で無神論者になり、失敗を重ねたことが大事で、
この原体験がなければ、周囲に普通に溶け込めて円滑に人生が過ごせたのやもしれません。
この件で父を恨んだことがありましたが、聖書と出会うこともなかったのでしょう。





----memo

養成講座

どのような状況でも 自分を生きる

良かったと思えるように


傾聴は聴くというスキルだけではなく、相手の満足

傾聴は、まず自分を聴くことから

心の中に平安のスペースを作る


nice!(0)  コメント(0) 

自分を深く知るために(19) - 問題の所有者 [Ecclesia Catholica]

(2019)

長期のがん治療をされている母にとって、息子と娘、夫の言動には、
イチイチ気になるのは無理はない。

誰の問題か、と冷静になり、
息子をスグに説得して納得させることは、そもそも傲慢で、
「時を待つ」ことが必要なのでしょう。

この「時を待つ」というのは、神さまに信頼し生き続けるということなのでしょう。




----memo

問題の所有者

誰の問題か?

近い家族は、

大学へ行かずアルバイトをするという息子 の母
兄をなじる娘
黙る父

この母の話を聞く  がん治療

家族ひとりひとりへの愛

時を待つ


nice!(0)  コメント(0) 

自分を深く知るために(18) - 価値観の対立を解く [Ecclesia Catholica]

(2019日)

自分にとって良いものを薦めたくなるが、人それぞれで好みがあり
対立する。

それを克服4つの方法が紹介される。
勉強になりました。

3の自分を変えるというのは、変えられるという受け身的なものではなく、
広く深くということでした。
そうありたいと思いました。

4の祈りは、渡辺和子シスターの動画でも学んだ記憶があり、
納得しましたが、実践の祈りとしてはしたことがありませんでした。

いろいろと気づかせて頂きました。
ありがとうございました。



----memo

同じ人間は2人といない 固有

違いがあるからこそ、苦しみ など


平行線か 交わりながら 生きる

価値観の対立を解く

パーソナルヒストリー 
 価値観とは何か
 
あらゆるものに好みがあり違う
 
 自分にとって良いものを他へすすめたくなる

が、対立

 1 模範を示す
 2 コンサルになる
     一度限りという気持ちで伝える
    何度も言うと小言になる
    相手を変えようと狙ってはいけない

 3 自分を変える
      自分を広げる深める

 4 平静さへの祈り
     人間の限界を知り 

   変えられることを変える勇気を
   変えられない事を受け入れる平穏さを
 そして、変えられることと変えられないことを知る叡智をお与えください。


nice!(0)  コメント(0) 

自分を深く知るために(17) - 欲求の対立を解く [Ecclesia Catholica]

(2019日)

人間関係の難しさを年齢の差と捉えている人というのは、
元々社交的な人なのでしょう。

カテゴライズした見方は傾向としてはそうかもしれないが、
例外はいるので、一人ひとり別として、まずは人としての敬意でしょう。

力関係や多数決で馴染まないことがあり、合意可能なことを積み重ねていくことで、
神に生かされたこと、活かされたことを、感無量で喜ぶことができるのでしょう。




----memo

人間関係の難しさ

Aさん 

年齢の差だと思っていたが、年齢や性別国籍、ひとりひとり別

会社の関係はいいが、家族が難しい

欲求の対立を解消 6つの

1白いボールを白いぼーると聞く

2アイデアのみを出し合う 決定しない

3アイデアの吟味評価 〇△xをつける

4xは却下 〇を残し 決めていく 両者が合意したものを選ぶ

5アイデア実行 

6再評価 実行では肯定の私メッセージ 

大切なことは力関係でも多数決でもなく、相手という存在の命から聴き向き合う


せっかく関わるのならば、

互いに活かしあい、
nice!(1)  コメント(0) 

自分を深く知るために(16) - 命を活かす責任 [Ecclesia Catholica]

(2019日)

責任は英語で「応える」+「能力」なので、
これを頭の片隅に置きながら、日々取り組んでいく。
自分と相手の尊い命、尊い時間への敬意ですね。

違和感は「欲求の対立」と「価値観の対立」を把握し認めることなのでしょう。




----memo

自分の尊い命を

大切なのは正直な自分をわかってあげること

固有の存在だからこそ、みな違う

違和感の正体について

 中身は2つに区別
1 欲求の対立
1 価値観の対立

当然生じる、現実


非受容行動 4つ 

 事例 6つ 紹介した会社を1月で辞められた

 自分に正直に

責任 = 応える 能力
  response ability

頭の片隅に置きながら 
nice!(1)  コメント(0) 

自分を深く知るために(15) - 心と心の出会い [Ecclesia Catholica]

(2019日)

相手をボーと眺めることで、心眼となる。
どこかを凝視すると全体の動きが見えない。
全身全霊で聴くことで、存在の尊さを知る。

「聞く」に愛の姿勢でもあるとの肯定的な面を知ることができました。





---memo

存在からきく

「きく」「理解する」

聞く 耳と門
聴 耳 十 4 目 心   全身全霊で

会話 以上の対話 

出会いには 互いの 宝物のように 一期一会

24時間 全身全霊では聴けない ロボットではない 生き物

聞く 門構えの その時その時の状態 愛の姿勢でもある
 
 under stand
 下 立つ

相手をぼーと眺めなさい 薙刀の先生


nice!(0)  コメント(0) 

自分を深く知るために(14) - わたしメッセージ [Ecclesia Catholica]

(2019日)

主語を「あなた」でなく「わたし」にし、人に伝える。
それが人格否定にならず、相手の行動が変わるとのことでした。
目から鱗でした。
「言い方」なのでしょうが、テクニックではなく、
自分の気持ちを相手に肯定的に伝えることで、
潤滑に進むのでしょう。



----memo

「わたしメッセージ」 相手を非難しない

わかりやすさ 人に伝えるのに

行動 非難がましくなく事実のみを伝える
影響 自分にこんな影響がある と具体的に伝える
感情 自分の率直な感情を伝える

三部構成のわたしメッセージ
 肯定の わたしメッセージ
 否定の
 予防の

生徒に発信した

主語をわたしにする

言い方 あなた にすると 人格否定を伝えてしまう 
 わたしにすると 相手の行動が変わる
 
命からの自立を手伝う関わり方

命における対等観 で向き合っていきたい

人の命を背負ってはいけない
  考える力 選ぶ力 生き抜く力 
 一人一人に与えられている 

 厳しい愛という向き合い方で
  これは神さまのやり方

会話の領域から対話の領域 自己開示
 自分を愛し 自分を生きる道へと繋がっているように
nice!(1)  コメント(0) 

自分を深く知るために(13) - 命から噴き出る言葉 [Ecclesia Catholica]

(2019日)

肯定的感情を伝えることが大事ですね。
受け手の自己肯定・自己受容を生む。
私は悪態が先に出る人間でしたので、負のオーラとなる。
子どもの頃から肯定的感情を伝えることが習慣になっていると
とても素晴らしいことでしょう。





----memo


自分の肯定的な気持ちを相手に言葉にして伝える

活かし合い 理解し合う ための神さまからの

シスターは甘くない
 嬉しい 生徒に行った

気持ちの切り替え 授業は3分の沈黙から

一人の人間として伝えてきた

肯定的感情を伝えることで 新たな関係性

肯定感を受け取る 
 自己肯定 自己受容を生む

存在そのものが言葉となっていく
 

何を守るよりも
自分の心を守れ
そこに命の源がある
 箴言4:23
nice!(0)  コメント(0) 

自分を深く知るために(12) - 捉え方を変えてみる [Ecclesia Catholica]

(2019日)

物事の捉え方というのは、表裏一体がある。
多面的であり、それを意識すれば、
心の中ではスッキリしないが、不必要に劣等感に悩むことはなくなる。

「まだ」「しか」でもそうだが、「まだ」と時間や量に余裕があるとすることで、
ウジウジしなくなる。

そういう精神衛生的に健康でいるには、
日々神さまに向き合う姿勢が前提でしょうね。
とは言いつつも、頭の中は雑念が入るものです。




----memo

 よくある例 コップの水

 
ABC理論

A affair  出来事
B belief 捉え方
C consequence 結果


ある親子の会話 
 母 10分しかないから準備しろ
 父 あと10分あるから 忘れ物するなよ

 良し悪しの問題ではない
  自分の傾向を知ることが大事

「心の視点」となっていく

意識化習慣化5つ


大学生kさん 
 グループの中で話せない 暗い性格
 嫌われたくない
 
 5つのプロセスを試みた

  「別の事実もある」 相手の話を聴ける自分もある
 しゃべれない =落ち着いている 軽くない

長所短所も表裏一体

 受けた教育やしつけなどから 
  
再吟味して より自分らしく 今を生きる
 



nice!(0)  コメント(0) 

自分を深く知るために(11) - 気持ちを言葉に [Ecclesia Catholica]

(2019日)

1日2回文字を残した紙で自分を振り返る習慣で、
変わっていくのでしょう。

現在は寝る前に少し振り返るだけなので、足りないのやもしれません。


昔はタバコも吸い、ブログをかかず、
本も読まず、怠惰な人間でした。

これでも、随分、真人間になったと思うのですが、
何かを習慣にするというのは、エネルギーがいりますね。

自分を1日2回振り返る習慣はできたとしても、
自分の名前を呼ぶことは最後まで抵抗あると思いますね。




---memo

1日を振り返る 5分でもいいから

いろいろなことを考え

自分に向き合い聞き 自分の外にだす 言葉にする

それが、明日への力になる

 自分を愛する姿勢に繋がる

川の流れは 流れている 流されている流れは違う
 自覚することで、人生が違ってくる

「あなたは、本当の自分がどこかにいる。 探したいのですね?」

 本当の自分 もしくは 本当の自分の一部分 

言語化は自分を活かしてくれる
 1日2回 振り返る  流されないため 
 午前中の自分を味わう 

時間ではなく習慣に意味がある
  自覚を持って明日に向けて生きなおすことができる

声にするか文字にする
 
 時には自分の名前を呼びながら

 自己肯定 自己解放になる

自分の心の足跡を 残して眺めなおす
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - Ecclesia Catholica ブログトップ